2016年11月21日

置賜地区 公立置賜総合病院

公立置賜総合病院は、平成12年11月に長井、南陽、川西の公立3病院が再編し、置賜地区の中核病院として発足しました。またそれぞれの旧公立病院は、飯豊診療所を加えサテライト医療施設として置賜地区並びに近隣の医療を担っています。当院は国道113号線沿いの長井市と川西町に跨がり、南に吾妻・飯豊連峰、西に朝日連峰を見やり、風光明媚な田園地帯に建った病院です。発足してすでに16年、当時は電子カルテの導入やメディア媒体での画像記録などを本格的に採用した画期的な病院でした。またサテライト方式という真新しい診療体制も相まって全国いろんな地域からの視察団がいらっしゃいました。今日では、更に診療情報システムが充実し「OKI-net(置賜地域医療情報ネットワークシステム)」により地域診療機関からも当院の診療情報(検査結果、画像情報所見など)が参照可能となり、地域一体となった医療が現実のものとなっています。
(詳しくは、公立置賜総合病院のホームページをご覧下さい)

検体検査 (1).JPG

さて臨床検査部・輸血部は、旧公立3病院から集まった総勢28名の仲間でスタートしましたが、病院設計建設段階から、自分たち職場や検査環境を整えるため日夜議論を重ねる日々でした。今思うに手探りの状況の中、本当にみんなで我々が築いた臨床検査部・輸血部であったと感慨深く思います。苦労もありましたが得がたい経験で貴重な軌跡となりました。我々のトップで部門構築を纏め上げたのが初代技師長の鈴木ェ治氏です。それぞれの部門からの意見を徴集し、検体検査はワンフロワー化、搬送システム化、同一機器2台方式、生理検査は超音波機器4台により検査技師による検査の構築と画像のファイリング化、輸血部では血液型・交差試験などの自動化の取り組みなど(他にも様々)。何れを見ても、当時としては画期的な改革でした。検査オーダー及び結果参照システムとしてペーパーレスを謳った世間に先駆けた取り組みでした。統率する鈴木技師長のご苦労はいかばかりだったか計り知れません。
現在、臨床検査部・輸血部は、検査技師(臨時職員含み)30名、事務職員1名のスタッフで業務を行っており、一般的な検査業務の他に、採血業務、内視鏡補助業務も行っています。一階には、生理検査室、採血室、内視鏡室、3階には検体検査、細菌検査、病理検査、輸血部があります。若いスタッフの割合も増えて活気ある職場となっています。日常業務での迅速かつ正確なデータや付加価値をもった有意義な結果報告はもちろんのこと、疑問や興味ある結果については積極的な自己探求を心がけ、学会発表や報告に繋げています。日々進化する医療情勢に対応すべく部内でも症例検討会や研修会報告会を行い、一層臨床に結びつく臨床検査技師を目指し努力しています。また、ICT、NSTなど院内委員会での活動、患者サービスの取り組みにも積極的に参画し、WLBで働きやすい職場環境にも取り組んでいます。また相互理解や和を高めるため、部内の花見会、納涼会、忘年会、職場旅行(自由参加)も楽しく行っています。

検体検査 (2).JPG

まだ歴史の浅い当院ではありますが、この置賜に「置総あり」と言われる様、多岐にわたり研鑽に努めていきたいと思います。
posted by 山臨技職場訪問 at 17:14| Comment(0) | 施設紹介

2014年03月28日

村山地区 山形市立病院済生館

施設紹介   〜歴史を刻む済生館〜      山形市立病院済生館

済生館1改.jpg山形市立病院済生館は山形市市街地中心部に位置し、診療科24科、病床数585床、一日平均外来患者数約850人の総合病院です。村山二次保健医療圏における地域医療支援病院や地域がん診療連携拠点病院等の機関指定や各種施設認定を受けています。また、救急医療にも力を入れており、救急患者を多く受け入れ、「来るものは拒まず」の精神?から年間19,565人/年、その内救急車は4,854件/年(14件/日)と山形市周辺地域の総救急搬送の約30%(山形市内の約40%)を担っています(2012年度)。そのため、救急室前には救急車が3台連なる光景もみられます。


<三層楼>済生館2改.png
 済生館の歴史を紐解くと、明治12年(1879年)に市立病院が「済生館」と命名され、現在まで140年余りの時を刻んでいます。
 初代の建物である「三層楼」はモダンな雰囲気を持ち、桜の名所である霞城公園内に保存され、医療の移り変わりを知ることのできる郷土館となっています。桜の季節には、花見・散歩がてら足を運んでみるのはいかがでしょうか?



済生館3kai .jpg

<ローレツ博士像>
 済生館庭園内の銅像:ローレツ博士(アルブレヒト・フォン・ローレツ博士)は、オーストリア人医師で、済生館には明治13年から2年間の赴任で、内科・外科・眼科・産科の臨床講義や法医学、細菌学の講義、患者の臨床治療では、東北地方で初めて開腹手術、眼科手術を成功させました。伝染病対策のため顕微鏡を購入し、細菌の実体を明らかにするなど画期的な医学の進歩に尽くした大きな功績が讃えられています。



<臨床検査室>
病院2階に生理検査室、3階に検体検査室(生化学・血液・細菌)、輸血室、病理検査室があり、総勢36名(技師33名・補助3名)のスタッフで業務を行っています。済生館4kai.jpg
また、脳卒中センターの充実により、中央放射線室と連携しMRI検査を行い、救急にも対応しています。地域糖尿病センターの開設に伴ない新規検査として、2013年11月より糖尿病教育入院患者を対象にFMD検査(血管内皮機能検査)を開始しています。また、2014年4月からは東日本大震災被災者を対象に福島県民健康管理調査に係る甲状腺超音波も開始しています。
2000年より他職種とのコミュニティーとして検査情報誌「Labo Mail」を創刊し、2013年で第50刊を迎えました。新しい検査法や新人の紹介など多岐にわたり、検査室の「今」をお知らせしています。また、ICTやNST等チーム医療や各委員会活動に積極的に参画し、臨床検査室の役割を十二分に発揮しています。
スタッフ一同、日頃、忙しい業務の中ではありますが新しい検査にも挑戦し、日々自己研鑽に努めています。


posted by 山臨技職場訪問 at 13:42| Comment(0) | 施設紹介

2014年01月29日

庄内・最上地区 日本海総合病院

日本海総合病院.png酒田医療センターWeb.jpg


     独立行政法人 山形県・酒田市病院機構

 日本海総合病院は、平成204月に山形県立日本海病院と酒田市立酒田病院が統合し、それぞれ名称を改め日本海総合病院と酒田医療センターとなり、後約2年の移行期間を経て完全に統合した病院です。
 日本海総合病院は25科の診療科を持ちベッド数646床の急性期を担う病院です。平成24年に庄内地方では初めてのPETセンターを開設し、また平成25年に県内初めてのハイブリッド手術室を稼働しました。 
 一方、酒田医療センターは市立病院だった敷地に建設され医療療養型病床となり、現在 療養型病床と回復期リハビリテーション病床の合計79床のベッド数で入院を主体とした病院として運営をしています。 
 酒田医療センターは現在検査職員を配置していない為に毎日数回両病院間を患者の搬送の為運航しているシャトルバスで、医療センターの検体を日本海総合病院検査部に搬送して検査し、その検査結果は医療センターの端末で見ることができます。
 病院統合により医療センターの検査職員は日本海総合病院に異動し、共に力を合わせ検査業務に携わり、現在臨時職員を含めて40数名の職員数となっています。
 検査部は病院のほぼ中央に位置し1階に生理検査室その真上の2階に採血室・検体検査室・病理検査室・細菌検査室・輸血検査室があります。採血室では1日平均360名の外来患者の採血を臨床検査技師と看護師2名で行い、患者ピーク時には最大10名のスタッフが採血業務に携わっています。採取した検体は、採血室と隣接する検体検査室で直ちに検査し、迅速な検査報告して診療前検査に貢献しています。
 ちなみに採血室待合前は吹き抜けの構造で、真下にパン屋さんがあり、焼きたてのパンの芳ばしい香りが採血室にも漂い食欲をそそります。またなによりもその香りが病院特有のにおいを消してくれることも来院した方々には好評のようです。当病院に立ち寄った際はご賞味ください。 
 病院に貢献できる検査部をめざし業務改善を提案し、臨床側など他部門からの意見要望にも答えるべく検討し全員で日々頑張っています。
posted by 山臨技職場訪問 at 14:32| Comment(0) | 施設紹介